多摩

湯処~阿伎留の四季【あきる野市の人工温泉でゆっくりと】


 スポンサーリンク



一言特徴:人工温泉の温浴施設
泉質:人工温泉(硫黄泉)
温泉特徴:白濁湯
加温有・加水なし・循環式
露天風呂あり
リンスはシャンプー別タイプ
シャワーは節水型・圧力普通
施設印象:最新のスーパー銭湯
食事提供あり(安い)

 スポンサーリンク


■温泉クチコミ情報 

2010年4月22日オープン。阿伎留の四季(あきるのとき)と読み、秋川駅が近い住宅街の中にある。
浴室は「檜の癒 秋留の湯」と名づけられており、男女とも左右対称設計の浴室になっている。
内湯は檜を使用した「大檜風呂」で、ほのかに檜の香りもした。ジェット浴は子供利用可で水深約60cmが2つと、マグナム・ジェットと言う強力な水流の水深100cmの2つの計4つ。
その他に、乾式のタワー式サウナはTV付と、近くに備長炭水風呂がある。また、露天入口付近にはミストサウナになる「海洋深層水低温ナノミスト」。洗い場には無料貸出のナイロンタオル有。
露天風呂は塀で囲まれており、景色は「空(そら)」だけだが、岩組み浴槽で白濁した人工温泉になっている。他に寝湯有。
なお、湯舟は天然温泉ではなく、すべて地下水を使用した白湯。
別料金形態で、岩盤浴・足湯(2種類)・空風呂(陶板浴)・ミストラドン浴・高濃度水素水付きと豪華な設備の「磊(もり)の癒 秋留の郷」もある。

■温泉ソムリエより一言

人工温泉に期待して行ったが、硫黄のニオイと言い、白濁している透明度と言い、推測するに我が家でも使用している「草津ハップ」のようである。
草津ハップを使用するのは温泉ではない温浴施設がよく使う手であるが、もし草津ハップであれば、浴槽に表示されている「酸性湯」ではなく、PHは強アルカリになるので、念のため記載しておく。
できれば、市販されている入浴剤以外で、温泉を再現して頂きたかった。でも、湯上がり後、肌はスベスベになる。

■施設

サウナ室、岩盤浴室だけでなく、休憩所やロビーなどでも、物質を活性化する空調「ナノSEV」が使用されており、さすが最新の設備の温浴施設だ。地上からでは分かりにくいが、屋根には太陽光発電パネルも設置されている。
玄関を入ると右側が靴ロッカーで、100円が戻る式。靴のカギを受付に提出し、精算すると、お風呂の場合、脱衣所ロッカー兼精算キーをもらえる。そのロッカー鍵に記載されている番号の無料ロッカーを使う、浴室は2階。
脱衣所にはドライヤーと、顔ローション、トニックが置いてあった。
1階には食事処と、ゲームコーナーがある。ゲームはちょっと多めで10台くらいはあっただろうか。他にはアカスリ、マッサージなど有。
また、2階奥には、お休み処(睡眠)室があり、テレビ付リクライニング24席と、14畳敷きの部屋が女性専用と男女用とあり、睡眠を取ることができる。
「磊(もり)の癒 秋留の郷」は1階の奥にあり、この岩盤浴だけの単独利用も可能。
料金形態も90分利用、岩盤浴との3時間セット、1日利用などイロイロあって良い。
※写真は施設HPより拝借。

■訪問時料金

大人料金(中学生より)600円~950円
子供料金(3歳~小学生)350円~550円
0歳~2歳無料

■子供ポイント

オムツが取れない乳幼児は入浴不可(入館は可能)。
混浴は東京都条例通りで9歳まで。
サウナや岩盤浴は中学生から利用可能。
ゲームコーナー有。

■アクセス

JR五日市線の秋川駅北口から徒歩7分。
車の場合、圏央道の日の出ICから程近い。ただし、住宅街の中で、広い道路には面していないので、地図を良く見て出掛けて欲しい。
駐車場は広くなくあまり多くは駐車できない。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 

関連記事

  1. 国立温泉~湯楽の里【多摩最高の人気ある日帰り温泉】 
  2. 檜原温泉センター~数馬の湯【山間部のアルカリ性温泉】
  3. いこいの湯~多摩境店【岩盤浴が効能高そうなお勧め日帰り温泉】
  4. 東京・湯河原温泉~万葉の湯「町田」充実の高級日帰り温泉
  5. 羽村市~水上公園プール攻略法(番外編)
  6. 八王子健康ランド「高尾の湯ふろッぴィ」~効能高い仁丹薬湯
  7. よみうりランド丘の湯~よみうりランドに隣接するスーパー銭湯
  8. 稲城天然温泉~季乃彩【常に進化している最新コンセプトの日帰り温泉…

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. 祖師谷温泉~そしがや温泉21【都会の駅から近い銭湯なのに温泉が楽しめる】
  2. 町田温泉~ロテンガーデン【露天エリアが充実している露天風呂の老舗】
PAGE TOP