多摩

河辺温泉~梅の湯【青梅の駅前温泉も湯づかいが良いアルカリ性】


 スポンサーリンク



一言特徴:露天に源泉掛け流し有
泉質:アルカリ性単純温泉
pH9.4
成分総計0.68g/kg
温泉特徴:ほんの僅かに白濁
若干油臭
加温有・加水なし・源泉掛け流し(一部)
露天風呂あり
リンスはシャンプー別タイプ
シャワーは節水型・圧力弱い
施設印象:駅前の商業ビル温泉
食事提供あり(普通)

 スポンサーリンク


■温泉クチコミ情報

屋根がなく明るい露天はかなり広く取っており、寝ころび湯・岩風呂など浴槽も4種類あり、内湯にも寝ころび湯・エステ欲・備長炭水風呂などがあるが、ほとんど井戸水を沸かしたもので、温泉が注がれているのは内湯の主浴場と露天風呂のひのき湯のみ。小生は井戸水使用の浴槽には一切足を入れなかった。
露天風呂の温泉であるひのき風呂(写真)は大人3名が足を伸ばせる程度の大きさだが、加温のみで消毒なしの源泉掛け流しで全量オーバーフロー。一番源泉を楽しめる湯で、温泉は僅かにとろみかかったような超薄白濁で、湯のぬめり感は大変強い。浸かっていてもかなりのツルツル感があり、油の臭いもする。また、ほんの僅かだが細かい白いものと、茶色い糸状の湯の花が見受けられた。茶色い糸状の湯の花は、肌にすり込むと良いの表示もあった。単純温泉だが東京でこれだけの温泉らしさを感じる温泉は瀬音の湯同様貴重だ。
内湯の温泉は加水なしだが、加温・消毒の循環式。しかし、循環式にしてはなかなか良い湯使いになっているので、内湯でも満足できる。脱衣所に上がる前には温泉浴槽に浸かって、シャワーなど浴びずに上がろう。湯上り後も肌がツルツルになる。
サウナもアロマを使った低温サウナとドライサウナがある。
シャワーヘッドは塩素除去型で頭皮に優しく、シャンプーとリンスも別タイプ。洗い場にはナイロンタオルの貸し出しもある。
脱衣所のドライヤーもマイナスイオン発生付で、整髪料などアメニティ3種もあるなど、細かな心遣いがされている点は評価できる。
※写真は施設HPより拝借

■温泉ソムリエより一言

単純温泉とは言え、白い湯ノ花とホウ酸も見受けられる大変個性的な単純温泉である。 

■施設

JR青梅線・河辺駅の北口にある、図書館などが入る商業ビルの5階が受付で、最上階6階が浴室になっている。
駅改札からエレベーター乗場までコンコース直結で徒歩1分と非常に便利で2007年12月18日にオープンした。設計はアクアジャパン東京。
玄関を入り100円が戻る靴ロッカーの鍵を受付に出して、料金を支払うと、館内清算バーコードつきの脱衣所ロッカーのカギをもらえる。
5階にある食堂は席を案内され着席のうえ、バーコードを見せて注文する方式だが、水とお茶だけはセルフ。寝るスペースだけでなく無料休憩室も座れるスペースが比較的あってなかなか良い。他にはボディケア、ゲルマ温浴なども別料金で可能。

■子供ポイント

とにかく滑りやすい。浴室内の床は滑りにくい素材を使用しているが、足の裏についた温泉の水滴によりすべると言う感じ。脱衣所でも足の裏がぬれているとすべる感覚であった。それだけヌメリが強い温泉だ。
なお、入館は可能だがオムツが取れない乳幼児は浴槽には入れない。また、10歳以上の異性との混浴は法律で禁止。

■訪問時料金

大人料金(中学生より)860円~970円
子供料金(3歳~小学生)430円~540円
0歳~2歳は無料

公式HP

■アクセス

JR青梅線の河辺駅を下車し北口のコンコースが直結されており、駅から徒歩 1分。
車の場合は、隣にあるスーパー東急のビルの駐車場から入る。建物の5階~8階が駐車場になっており、梅の湯に行くには連絡通路がある5階のPが便利。
駐車券を入館時に提出すれば、4時間無料となる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 

関連記事

  1. 国立温泉~湯楽の里【多摩最高の人気ある日帰り温泉】 
  2. 稲城天然温泉~季乃彩【常に進化している最新コンセプトの日帰り温泉…
  3. 東京・湯河原温泉~万葉の湯「町田」充実の高級日帰り温泉
  4. よみうりランド丘の湯~よみうりランドに隣接するスーパー銭湯
  5. 羽村市~水上公園プール攻略法(番外編)
  6. 秋川渓谷~瀬音の湯【硫黄の香りも堪能できる人気の十里木・長岳温泉…
  7. 竜泉寺の湯~八王子みなみ野店「高濃度炭酸泉が3つ」
  8. おふろの王様~多摩百草店【人工温泉も居心地の良いスパ】

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. 洞爺湖温泉「湖畔亭」~洞爺湖を一望できる展望露天風呂
  2. 羽村市~水上公園プール攻略法(番外編)
PAGE TOP