青森

黄金崎不老不死温泉 「不老ふ死温泉」日本海の夕陽を望む波打ち際の温泉


 スポンサーリンク



海辺の露天風呂も泉質が良い黄金崎不老不死温泉 「不老ふ死温泉」

泉質:含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉
pH6.38
成分総計24.71g/kg
海辺は15.72g/kg
温泉特徴:濃い黄茶色
強い塩味
加温なし
一部加水の掛け流し
露天風呂あり(海辺の露天風呂)
混浴(すごく勇気いる)
貸切風呂なし
リンスはシャンプーINタイプ
シャワー 節水型・圧力弱
ベビーバスは見当たらず
施設印象は岬に立つ旅館
日帰り館有
大人料金中学生より600円
子供料金300円
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室あり
食事価格は普通

 スポンサーリンク


温泉

黄金崎不老不死温泉(おうごんざき-ふろうふしおんせん)は、日本海を望み、たいへん風情ある「海辺の露天風呂」が有名な黄金崎にある温泉。
海辺の露天風呂(写真)は混浴と女性専用と2つに分かれている。
波打ち際にて昔から自然に湧出している温泉で天然のホウ酸が浮いているのがわかった。
なんでも台風などで波が高いと水没するらしい。また夏は日焼けするかも。
海辺の露天風呂には日帰りの受付を済まして、館内から階段を降り、海岸を約20mほど歩いて行く。
洋服でそのまま行き、露天風呂にある脱衣場で裸になるのが良い。
ただし、脱衣場には屋根もないので、少しワイルドだ。
沖合いに船が来ると女性の脱衣所でもまるみえ。
小生が訪れた夏には水着を着て露天風呂のそばで泳いで、そのまま混浴の温泉に入る方もいた。
日本海を望む近代的な設備が整った本館の温泉大浴場も日帰り料金で利用できる。
こちらは別の源泉で地下200mより湧出しており、館内が少し高めの温度で、露天風呂は少しぬるめ。
いずれも冬以外は井戸水を加水しているが掛け流しだ。
いずれも、泉質的には近くにあるみちのく温泉よりも浮遊物などがおとなしい感じだが、黄金色の温泉はとても満足できる。
※写真は施設HPより拝借

施設

宿泊旅館だが、日帰り入浴専用のフロントも設置している人気の温泉。
海辺の露天風呂は、朝8時~16時は日帰り客専用時間で、その他の時間は宿泊客専用時間となる。
日帰り客は料金支払いの目印にオレンジ色のテープを手首に巻くシステム。
海岸から未払いで海辺の温泉に入ってしまう客と区別する為である。
館内にある日本食中心の食堂も高くないので良い。
約50畳の無料大広間が2Fにある。
日帰り客用と宿泊客用の駐車場も分かれている。
日帰り入浴でも駅から送迎してもらえるらしい。
新館の露天風呂などは完全に宿泊客専用。


黄金崎不老ふ死温泉

子供ポイント

特別なし。1~2歳と小さい子供の場合は、みちのく温泉よりはこちらの方が設備的に良いかも。
 
海辺の露天風呂がある黄金崎不老ふ死温泉の予約なら、楽天トラベルが便利でお徳です。すぐに予約可能&楽天ポイントも貯まります。レンタカーや国内航空セットもあります。

アクセス

当方のオリジナル地図をご参照賜りますと幸いです。
カーナビ代わりにもなります。

みちのく温泉「みちのく温泉旅館」~日本一の二酸化炭素含有量を誇る
酸ヶ湯温泉の歴史あるヒバ千人風呂混浴と5つの源泉を堪能
弘前城~現存櫓や天守が風情ある広大な津軽家の城
十三湖を望む展望台ベスト3~ 呑龍岳展望台・唐川城跡展望台

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

関連記事

  1. みちのく温泉「みちのく温泉旅館」~日本一の二酸化炭素含有量を誇る…
  2. 酸ヶ湯温泉~風情と歴史ある千人風呂で強酸性の源泉100%かけ流し…
  3. 三沢空港温泉~空港前の激安かけ流し天然温泉を堪能する

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. 函館市営谷地頭温泉 函館市電の最終駅「谷地頭」からも近い日帰り温泉
  2. 養老牛温泉「湯宿だいいち」~渓流のすぐ近くに露天風呂があるダイナミックな温泉 養老牛温泉「湯宿だいいち」
PAGE TOP