秋田・岩手

強首温泉「樅峰苑」日本秘湯を守る会会員の宿で国の登録有形文化財






秋田県大仙市強首温泉にある大正時代の建物を旅館にした、国の登録有形文化財に宿泊できると言う特異な経験ができました。
強首は「こわくび」と読み、樅峰苑は「しょうほうえん」と言います。

源泉名:樅峰苑の湯
湧出量:240リットル/分
泉質:含むヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩泉
pH6.9
成分総計22.33g/kg
源泉温度:49.8℃

温泉特徴:黄土色
加温なし・加水なし
循環なし・消毒なし
露天風呂あり
混浴なし
貸切風呂あり
リンスはシャンプー別タイプ
シャワーは流し放題型・圧力弱い
ベビーバスなし
施設印象は歴史ある建物の旅館



温泉ソムリエより一言

自家源泉使用で、内湯と貸切露天のすべてにて、100%源泉かけ流し・オーバーフローですので、とても素晴らしい湯使いです。
温泉も黄土色した濃い温泉で、透明度は約15cmといったところでしょうか?
青森の黄金崎不老ふ死温泉や、九州で言えば黒川温泉の旅館湯本荘の温泉に似ています。
ただし、油匂は、今まで入浴した温泉で一番強かったように感じました。
塩分もしっかりしていますので、古代の海水温泉ですね。

露天風呂は、一旦外に出て、庭を少し歩いたところにあり、貸切露天風呂になっています。

強首温泉「樅峰苑」

チェックインの際に、2つある露天から選択して、時間を予約します。
そして、その時間になったらフロントにて「鍵」をもらって、貸切露天で約45分、独占入浴可能です。
ただし、加水されていない100%源泉かけ流しですので、強い塩分による「のぼせ」に注意です。

内湯は男女別に分かれていて、いつでも好きな時間に入浴できます。

日本秘湯を守る会の温泉旅館

温泉クチコミ情報

今回は宿泊させて頂きました。
強首温泉は1953年(昭和28年)に油田(天然ガス)の試験採掘を行ったところ、大量に温泉が湧出したものです。
樅峰苑は、また独自に2008年にボーリングして温泉を掘り当てたと言う事になります。

なお、樅峰苑の建物は、旧小山田家住宅と言い、大正6年(1917年)に完成した趣ある建物で、国登録有形文化財に指定されています。

強首温泉「樅峰苑」

文化財指定を受けますと勝手な建築変更などできませんので、旅館としての設備面では、物足りないところが正直ありますが、そんな伝統ある建物に宿泊できる機会も滅多にないと言えます。

強首温泉「樅峰苑」

私の母方の実家の建物は170年前の江戸後期の平屋でして、古さはだけは優っていますが、建物の大きさは、旧小山田家住宅のほうが全然大きく、しかも2階建てです。
しかし、もともと旅館としての設計ではありませんので、トイレ・洗面は部屋になく共同ですし、冷蔵庫もありませんので、そのあたりは理解して宿泊させて頂く必要があるでしょう。
ただし、エアコンはありますし、温泉は最高ですので、テレビも無く、暇なこと以外は、ゆっくりと滞在できました。

強首温泉「樅峰苑」

客室には消臭剤あり、おしぼりあり、冷水ありでした。
無いものは「テレビ」です。
Wi-Fiはあるようでしたが、接続のパスワードなどの案内が皆無で不明でした。
夕食も「川カニ」の料理など珍味もあり、美味しかったですが、献立表に自分の名前が入っているのは、初めて受けたおもてなしです。
朝食は一番早い時間で8時からでしたが、旅館としては標準時間です。
下記は客室(2人部屋)の様子ですが、ひとり宿泊で先に布団を敷いて頂いている状態です。

強首温泉 樅峰苑

廊下に書籍や少し漫画もありましたが、客室にはテレビも無いですし、ワイファイもつながらなかったため、やることがなく、夜19時過ぎには、就寝致しました。
お陰で超久しぶりに、10時間以上、寝ることができた次第です。
建物は古いと言えども、強首地震のあとに耐震性を重視して建てたので頑丈なようです。

日帰り入浴

朝11時~15時は日帰り入浴が可能です。
日帰り入浴料金は下記のとおりです。

中学生以上600円・小学生300円・幼児200円
※料金は目安です。
バスタオル・フェイスタオルの貸出は、別料金になります。



施設

客室は僅か7部屋しかありません。
脱衣所のロッカーはすべて、カギのないボックス式です。
宿泊の場合には、あたりまえですが、客室のタオル・バスタオルを浴室に持参することになります。
もちろん、売店エリアにてビールなどの販売もあります。

公式サイト

宿泊する場合には下記が予約も簡単です。


強首温泉 樅峰苑

アクセス

日本秘湯を守る会の温泉旅館にしては、平地にあり、アクセスは良好です。
秋田空港からは、わりと近くて車で約16分(約13km)です。
下記の地図ポイント地点が無料の駐車場入口です。
母屋の右手奥が駐車場になっています。

しっかりとカーナビ設定して行かないと、わかりにくいところですので、ご注意を。
ちなみに、俳優としてもご活躍されている柳葉敏郎さんは、出身地である秋田県大仙市刈和野に自宅を新築しており、仕事の時には秋田空港から飛行機で東京に出ています。
地元のお祭りや行事にも積極的に参加なさっているようです。

下記写真はオマケですが、秋田空港のラウンジの様子です。

秋田空港のラウンジ

出羽・小山田城 戸沢兼盛が最初の本拠地にした山城

関連記事

  1. 大湯温泉 岡部荘 大湯温泉 岡部荘 レトロな雰囲気漂う「大正風呂」すべて100%源…
  2. 厳美渓温泉 いつくし園~日帰り入浴も可能な温泉旅館
  3. 赤い風車 鴬宿温泉「赤い風車」 ラドン岩盤浴が入り放題
  4. 玉川温泉 玉川温泉 秋田の秘湯であり北投石で有名な湯治場
  5. 釜石駅前 ホテルフォルクローロ三陸釜石 釜石駅前の日帰り入浴可能な人工温泉…
  6. ホテルウェルネス横手路 田久保温泉 ホテルウェルネス横手路 秋田県横手市
  7. 鉛温泉「藤三旅館」 鉛温泉「藤三旅館」日本一深い自噴の岩風呂温泉
  8. 願叶乃湯 イチノセキ温泉 願叶乃湯 シンプルな一関の日帰り温泉


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. ホテルフォルクローロ三陸釜石 釜石駅前の日帰り入浴可能な人工温泉 釜石駅前
  2. 旭岳温泉「湧駒荘」の解説 日本秘湯を守る会の宿 湧駒荘
PAGE TOP